失敗しないための7箇条

失敗しないための7箇条

株式会社幸和建築工房

①相見積を取って検討、②近所で工事をしていたから、③組合の配管更生工事の業者だから、④友人・知人の紹介などの基準で業者を選んでいる方が多いですが、失敗した方の共通点は「リフォームなんてどの業者に頼んだって大して変わらない」と思っている点でした。
これは大間違いです。「リフォームは業者によって天と地ほど差が出ます」例えば一流メーカー品の同じ商品でリフォームをしても、職人さんによって全然出来具合が違ってきます。ここをしっかりご理解頂き、以下の着眼点を参考にして業者を選ぶことをおすすめします。


遠い会社より近い会社…が失敗しない

illust_7_01
illust_7_01

「床を開けたら思いもよらない所に配管が出てきてうまく納まらない」、この様な事は始終起きます。皆さん想像してみて下さい、この時に会社が遠かったらどうでしょうか、時間をかけて確認に行けるでしょうか?なかなか難しいと思います。仮に行くにしても1時間半も掛かるとしたら職人さんも待ってられないと思います。 「悪いけど行けないんで、うまくやっておいてよ」となり、結果思ったように仕上がらなかったと言う事もあると思います。丁寧に仕事をやろうとしている業者さんでも、現場が遠いとこう言うことが起きる可能性があると思います。


分離発注方式の会社…が失敗しない

illust_7_01
illust_7_01

施行体制は一括発注方式と、分離発注方式があります。一括発注方式は工務店に一括してやってもらいます。一般的に大手さんや不動産、家電量販店、ホームセンターなど営業系に強い会社がやっているようです。分離発注方式は大工、クロスなど各々の業種ごとに発注する方式で中小の工務店やリフォーム店が主に採用しています。上記で分かる様に中間に工務店をかませているか直接職人さんに発注するかの違いです。
一括方式の会社は営業を中心に行っている会社が多く、施工は信頼できる工務店に任せると言う考え方です。分離方式は営業も施工も自社の管理の下で行う会社で、お客様と打ち合わせしている監督者が顔を知っている職人さんに直接指示が出せる施工体制と言う点で、なにかと問題が起きるリフォームにはこちらの方式が向いているのではないかと思います。


相見積は金額だけでなく相性を確認…が失敗しない

illust_7_01
illust_7_01

最近は皆さん相見積を取って業者の選定をしているようですが何を確認し、比べているのでしょうか?
私たちも他社さんの見積をよく見ますが、プロが見ても詳しい内容まではわからないことが多いです。
相見積では「A社はここまで見ているが、B社は見ていない」と言う事も良くありここが金額の差になります。
相見積のチェックポイントは大きな金額の差が有るかどうかです。信頼できる業者ほどは同じような金額になるはずです。
大きく金額のずれている業者ほど何か問題があるはずです。ここが重要なポイントで、最安値の業者を探す事ではありません。
もう一点は担当者又は会社との相性を確認すると言うことです。気軽に話が出来きて、価値観が近いと言うことです。相性が良ければすべての点で意見の食い違いが少なく思った通りのリフォームが出来ます。金額が近い業者から相性の良い業者を1社選び変更があれば変更見積を依頼し、納得出来る内容金額まで煮詰めて契約をします。


いい職人さんがいる会社…が失敗しない

illust_7_01
illust_7_01

リフォームは新築工事に比べ技術・気使い・マナーなどの点でやり慣れた人柄の良い職人さんでないと問題が起きます。又、短期間の工事も多いので、同時に何人もの職人さんが入って譲り合いながら作業する事も多々ありチームワークも大事です。お互いに顔や名前を知っているチームとその都度初顔合わのチームでは仕上がりに天と地ほどの差が出来るのは想像頂けると思います。業者の担当者にどのような職人さんが工事を行うのかを確認すればある程度の見当が付きます。


業者さんと長く良い関係を作る事…が失敗しない

illust_7_01
illust_7_01

リフォームは工事が終わってからもクレームやアフターメンテナンスで業者さんとの関係が続きます。リフォームをきっかけに業者さんといい関係が出来れば何かと相談が出来いざというときにも困らないでしょう。どこの業者も自分でやった仕事には思い入れもあり一元のお客様より気持ちが入るのは人情だと思います。長く家の面倒を見させて頂いている間には家の弱点やクセも分かり適切な維持管理のアドバイスが出来ます。お友達を作るように来てくれた職人さんや担当者の方といい人間関係を作ると言うのは大事な事と思います。


信頼関係を作った方が…が失敗しない

illust_7_01
illust_7_01

初対面の業者さんに見積してもらう時には「高く売りつけられないか、欺されないか」など心配だと思います。「ご予算はどの位をお考えですか」、と言う質問でも快くお答え頂けない場合があります。中には予算を聞いて目一杯の金額まで膨らませた見積を作る業者もいるかも知れませんが一般にはその予算に合ったご提案をするために伺うのだと思います。お客様が心配して情報を出さなすぎると業者側も遠慮して最低限の提案しか出さない場合もあります。
私の経験でも遠慮して出さなかったお客様から完成後に「言ってくれればサッシも交換したのに」と後悔された事があります。


会社訪問、社長面談…が失敗しない

illust_7_01
illust_7_01

リフォームは大きな買い物です、その割に皆さんは平気でどこにある会社か確認もしないで工事を頼んだりしています。数百万円の買い物をするのですから最低でも事務所がどこにあり社長さんはどんな人か程度は確認して下さい。確認ポイントは事務所の掃除、整理整頓状態と社員の応対です、社員教育を行っている会社はここがしっかりしています。請負金額によっては絶対必要という訳では無いですが有資格者がいる業者かどうかも確認して下さい。又、必ず社長と面談して下さい。社長の考え方が会社の方針ですから話をしっかり聞けばどんな仕事をする会社かがわかります。「考え方が合うか、相性が良いか」ここがポイントです。詳細が不明な相見積を検討されるよりも、有効な方法と言えます。