断熱サイディング

断熱サイディング

株式会社幸和建築工房
金属外壁リフォーム|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
金属外壁リフォーム|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房

金属サイディングは、軽量で断熱性に優れた外壁材です。雨や雪にも強く、寒冷地における凍害の心配がありません。その理由はオリジナルのサンドイッチ構造にあります。金属サイディングは、3つの材料の組み合わせによる、一体成型品です。

断熱サイディングってどんな外壁材?

外壁材と断熱材をひとつにした独特のサンドイッチ構造の
金属サイディングです。軽量で断熱性に優れています。

断熱サイディング|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房

丈夫で長持ち〜優れた耐久性〜

アイジー断熱サイディングは、耐食性に優れたガルバ鋼板を全商品に採用。
特に酸性雨、酸性雪で威力を発揮します。金属なので、ひび割れや、凍害の心配もありません。
断熱サイディング|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
ガルバ鋼板なら、めっき層の亜鉛とアルミニウムが製品切断面や微細なキズをしっかりガード。

断熱サイディング|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房

金属だから凍害の心配がなく、寒冷地でも安心です。
凍害とは
凍害は寒冷地などで外壁材が吸収し、凍結と融解を繰り返すことで基材が劣化する現象です。
アイジー断熱サイディングは表面材が鋼板のため吸水がなく凍害の心配がありません
断熱サイディング|凍害とは
一般的な外壁材
吸水した水分が凍結し膨張
断熱サイディング|一般的な外壁材
金属サイディングなら
表面材が鋼板のため吸水しません。
断熱サイディング|金属サイディングなら

快適さを生む断熱性能

断熱サイディングは、夏涼しく、冬温かい快適な住環境をつくります。

アイジー断熱サイディングと同じ断熱性能を得るには?

アイジー断熱
サイディング

アイジー断熱サイディング

厚さ15mmで快適
(1枚でOK)

窯業系
サイディング

窯業系サイディング

厚さが84mm必要
(16mm厚で5枚以上の厚さ)

モルタル
(コンクリート)

モルタル(コンクリート)

厚さが598mm必要
(ここまでは塗りきれません)

しん材に使用しているポリイソシアヌレートフォームが、高い断熱性を発揮します。

15mm厚のガルバロックiシリーズ(熱貫流率1.62W/㎡K)と同等の断熱性能を得るためには、窯業系サイディングの場合は約84mm、モルタルの場合は約598mmの厚さが必要になります。断熱性が高いので、冷暖房費などの光熱費が削減でき、省エネルギーで、CO2の削減にも貢献します。

断熱サイディング|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房

軽量で安心〜地震に強く、カバー工法に最適〜

断熱サイディングは、軽い。だから、お住まいに余分な負担をかけません。

アイジー断熱サイディングの重量は、12kg/3.3㎡(ガルバロックiシリーズ)。
窯業系サイディングと比べると約1/5の重量、モルタルと比べると約1/10の重量です。

断熱サイディング|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房

地震力を大幅に低減

軽いので、地震の際に建物にかかる地震力を大幅に低減できます。

地震力を大幅に低減

カバー工法に最適です

既存壁を撤去しないカバー工法だから、施工期間中も自宅にお住まいのままで工事が可能です。廃材の発生がほとんどないため、ローコストでスピーディーなリフォームを実現します。

カバー工法に最適です

損傷・脱落の心配がありません

かん合部の片側のみを固定する構造となっており、地震時には、かん合部がスライドするため、損傷・脱落の心配がありません。

損傷・脱落の心配がありません

快適さを生む断熱性能〜省エネに大きく貢献〜

断熱サイディングは、独自のかん合形状により、優れた防水性能を発揮。
また、遮音効果により、深いな音を低減し、室内を快適に保ちます。

断熱サイディング|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房